人生の中の出来事に学びのテーマがある

生きていて、楽しいこと嫌なこと色々あると思います。
ただ、人はみんなそれぞれ内容は違うけれど、学ばないといけないテーマがあります。
そこからは、逃げられません。

 そのテーマは最初はクリアするのに簡単な出来事などで現れます。
でも、そこから逃げてしまうと、気づかせるために、ノックをだんだん大きくしていくんです。

 簡単な出来事(逃げる)→中くらいの出来事(逃げる)→大きな出来事……

 ここでいう、「大きい」「小さい」「簡単」などはみな人それぞれでの感覚です。
人は皆感覚が違いますから。

 できれば、最初の簡単にクリアできるノックの時に、
気づいて、向き合ってクリアしたら良いです。

 気づかないと、もしくは自分の課題として向き合わないと…
コンコンコン→ドンドンドン→ガンガンガン!?
 お知らせがどんどんきます。
これは、あなたのテーマですよ〜〜〜!と。

 「じゃあ、最初のノックにどうやって気づくの?」

日ごろから、日常の些細な出来事に気を配っている必要があります。
また、物事を一方的にではなく、多面的にいろんな角度から見る必要があります。
 時には、これは私のテーマか??それとも違うのか??と
判断に深く深く悩む時があります。
 その時は、、、一度そのテーマを手放してみる。
もちろん、無責任をしろということではありません。

 自分のテーマならば、必ず自分の元に同じテーマが舞い戻ってきます。
その時に向き合えば良いのです。

 もし、自分のテーマでないものに向き合い対応してしまったら…
それは、誰か人のテーマ、気づきを奪ってしまったということになります。
 もちろん、その誰かはあなたに助けてもらいたくて、
相談に来た人のテーマかもしれません。
 でも、助けすぎることは良くないんです。
自分のためにも、人のためにも。


 話は、それましたが……

 一番言いたいのは、
 自分のテーマからは、クリアするまで逃げられないから、
簡単な最初のノックの時に気づいて向き合っちゃおう!
また、そのテーマをクリアするための能力はその人には
ギフトとして与えられています。必ず。

 ある意味テーマがやってきて、
向き合った時、自分の気づかなかったすばらしい能力に気づくのかもしれません。
 あれ!?私ってこんな能力あったっけ???(笑)と。

 テーマもクリアし、使える能力も発見!
ええことじゃないですかぁ???

 あ、あと自殺もテーマから逃げることになるから、
生まれ変わっても同じテーマがくるだけだから、
どうせなら今生でやっちゃおう。

 自分と向き合って生ききるだけでいいんです。

この記事へのコメント
わかりやすく説明ありがとうございます。
自分のテーマ後回しにしたくなるのですが、
ちゃんと向き合わないとさらに面倒臭くなちゃうんですね。
Posted by ごんし at 2011年03月30日 00:30
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13373917
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)