個人セッション体験談

小さな頃は凄く少食の偏食で…

母にいつも残さず食べるように叱られてました。

特に味噌汁がダメだったので、
ある朝味噌汁を残さず食べれて嬉しさの余り、
外にいる母に得意気に空のお椀を持って見せにいった記憶があります^_^;

きっと、私にとって沢山食べること=母に認めてもらうこと、だったのでしょうね。

 

この年になるまで、まだそんなにも母に認めて欲しかったんだなぁ…
なんて可愛いい私!と思いました(≧∇≦)
小さな頃、人並みに食べれなかったコンプレックスもあり、
それを解消したかったのもあるのかな?と思いました。。

もう、人に認めてもらう為に食べなくてもいいんだよ!と
自分に言ってあげたら泣けてきました^_^;
これに気付けたのもきっとあのセッションのお陰だと思いまして、、
報告させてもらいました。本当に有難うございました!

 

=====

変化をお楽しみくださいませ。

シェア感謝申し上げます。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15168071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)