自分を測る

自分の命の重さを測る。

 

そして、
それは他者との比較で
測れるものでもなく、
単にその重さをもって
命の大切さを知る。

 

重さ、それは、肉体。
そして、想い。

 

 

自らを削りとることにより、
何かを達成できたとしても、
自分勝手の満足感は、
誰かの中に
哀しみや苦しみを遺す。

 

 

ひとりひとつの命ではなく、
ひとりがみんなの命となる。

 

 

まずは、自分の命の重さから、
逃げないこと。

 

目を背けないこと。

 

 

自分を満たすこと。

 

大切にすること。

 

 

真心をもって自分自身に
接すること。

 

 

真っ直ぐな核が
灯火となっていくのだから。

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15173254
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)