体外離脱の経験

 数年前に、体外離脱を経験しました。

その日は、寝ている?にも関わらず、意識だけがはっきりしていました。

感覚としては、身体が完全に寝ていて、意識だけが起きている感覚です。

 突然、猫の鳴き声が聞こえました。

それも、複数の猫の鳴き声で、合唱をしているようなたくさんの数です。

 その鳴き声に導かれるように、身体からスポッと何かが抜けました。

そして、星が散りばめられたトンネルをくぐり抜け、宇宙に出ました。

そこには、たくさんの星たちがあり、

あまりの美しさに感動し、よく解らないながら、

意識が、「あ〜これなんだ!」と叫びました。

 

 別の日のことですが、身体がしんどく動かなくなった時、

再び、身体からスポッと抜けた後、暗闇の中にいました。

何も見えない静寂な暗闇。

 しばらくして、上の方から明かりが差し込んで、

赤と黄色が混ざった光の玉が降りてきました。

その時に、なぜか解りませんが、

物凄く守られている感覚と、「あ〜助かった」という感覚が

湧き出て、身体がホッとして温かくなりました。

そして、じんわりとした涙が出てきました。

 

また、別の日は、スポッと抜けた後、

しばら暗い場所を歩いている自分がいました。

そして、光の方向に抜けると、

そこは、真っ青な空と、海。

白壁がありました。

イメージとしては、ギリシアのエーゲ海周辺のような感じでした。

 

まだまだ、体験はありますが、いつかまた、気が向いた時にでも(笑)

みんなの人生

 人生の目的が、喜怒哀楽を味わうことであれば、

失敗者は一人もいない!

みんなが成功者!

 やりたいけど、どうしよう〜!!!と悩むなら、

とことんやって、喜怒哀楽を感じよう。

 

 究極的には、何かをやった上で感じる喜怒哀楽と

やらない上で感じる喜怒哀楽との関係は、コインの裏表の関係。

 どちらを選ぼうが、全体の一部を味わえる。

 

手の平を触ろうが、手の甲を触ろうが、手を触っていることには

変わりない。どの角度から触るかだけです。

 

そうであるなら、あなたはどちらを選ぶ?

 

 やってみますか?やらない選択をしますか?

 

この人生は一度きり、今日のあなたも一度きり。

目覚めてくださいとは言いません(笑)

 人は人を救えない。

自分を救うのは、自分だけであるという真理を理解してください。

行間を読める人は読んでください。

読めない人はそのまま素直にとってください。

一時的に、人に救われるのは、「似非(えせ)救われ」です。

一時的に救われたら、それ以上にあなたは、何かを奪われていますから。

 

「言うとるがな」

 

円は何も奪わない。

そのままで、100%だから。

勝負事

 日本のバレーが勝とうが、サッカー勝とうが何の意味があるの?

よ〜く、考えて!勝つ人間いたら、負ける人間がいる。

当たり前のことですが、民族主義?流される民族主義。一時的な雰囲気だけの?

 

 意味無いよ。

 

本当の勝負って、自分自身の抱えているテーマに関してでしょ?

 

 取り違えた勝負事が大きくなったのが戦争でしょ?

 

大きなお風呂をかき混ぜる前の、陰陽の状態を

一定の温度にしなくていいんじゃないの?

 

 切磋琢磨して友情が生まれる?

 

違うよ。

 

違いは、違い!認め合うことだよ。

 

やりたければ、一堂に会して競い合ってもいいさ。

でも、本当に大切な平和はそこから生まれてきた試しはない。

あ〜?地球を汚して傷つけてるのに平和? 今、平和?

 

ん?

 

疑問?

じゃあ、ひとこと。

 

「今は幸せな社会ですか?」

 

これだけ、歴史を繰り返し学んでいるはずなのに!

経済は崩壊します

 経済は崩壊すると、前に書きました。

兆候は見えてきましたか?

 まだ、どうにかなるとお思いですか?

根っこはすでに崩壊していて、表面上で

必死に取り繕う努力がなされているだけです。

 経済崩壊、これは良いことで

次の時代の下準備の一つなのです。

 

 本当に何が大切なのか?

 

皆がいっぺんに経済を失ったら、

どのように行動していくのでしょうか?

 

あなたの気づきのスイッチはどこですか?