おそうじ・おそうじ・おおそうじ

 

お掃除・お掃除

 

 

ラン・ラン・ラン晴れ

 

 

今日はキャラクターを変えます(笑)

 

 

今年は、こころのお掃除
身の回りのお掃除の年

 

 

 

得ようとするのではなく、
手放して軽くなっておこう

 

 

 

引き寄せの法則だって
身軽な人に作用する

 

 

 

「あれも、これも、それも欲しいから、
引き寄せの法則使えないかなぁ〜」

 

 

 

「引き寄せの法則使いたいけど使い方分かんない!
誰か教えてくれないかなぁ〜」

 

 

 

「宇宙は豊かで制限なくすべてを与えてくれるから
お金引き寄せられないかなぁ〜」

 

 

 

欲張りすぎず、適切な状態へ

 

 

 

皆の「今」が、皆の「今」と繋がり
分け合えば、将来に備える不安なんてなくなる

 

 


腹ペコな人の「今」と
おいしいものを食べてもらいたいという人の「今」と
繋がればいい

 

 

 

二人ともニッコリ!

 

 

 

過不足もない

 

 

 

家がなく凍えている人の「今」と
部屋が余っている人の「今」が繋がればいい

 

 

 

「今」と「今」とで支えあい

 

 

 

すべての「今」も個性的

 

 

状況・内容・タイミング

 

 

 

それらすべてが
パズルのごとく繋がっていけぇい〜!

 

 

 

 

 

 

 

ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

精神世界ランキング

宇宙(ソラ)の涙

 

ボクは澄んでいる、それに、自由

 

 

 

素敵な器にかくれんぼ

 

 

 

ヤドカリ暮らしをはじめてみたよ

 

 

 

成長する度取り替える
誰かがつないだ命の貝がら

 

 

 

その螺旋構造が行き先を照らし出す

 

 

 

晴れても、そうでなくとも、海は海

 

 

 

僕はお母さんが流した涙のひと粒

 

 

 

つながりを求めているのに
すでにつながっている存在

 

 

 

矛盾している存在

 

 

 

たくさんのなみだ

 

 

 

おかあさんの涙

 

 

 

なみだのわけを知りたかったボク

 

 

 

いっぱい、いっぱい泣きましょう
その涙のひと粒がさびしがらないように

 

 

 

 

 

 

 

ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

精神世界ランキング

命の源は?

 

身体を動かしているのは何だろう?

 

 


何が心臓を動かしているのだろう?

 

 


何が肝臓を動かしているのだろう?

 

 


脳?

脳からの指令で微弱な電気信号を受けて動く?

 


じゃあ、何が脳を動かしているのだろう?

 

 


命の源はどこに?

 

 


実は
命の源は肉体の外にあります。

 

 


そこからエネルギーをもらって
活動しています。

 

 

 


私たち人間は、
エネルギー体の上に「肉体という衣服」を
まとっているようなものです。

 

 

ですから、肉体が滅しても
エネルギー体は残ります。

 

 

肉体が滅して(亡くなって)
エネルギー体が本来行くべき場所に
いかない場合、それを人は幽霊と言うのかもしれません。

 

 


人は亡くなっても姿・形を変えるだけ。

 

 


死は怖くないもののひとつです。

心に傷が生じても

 

心に傷跡が残っても
忘れることができる

 

 

忘れる意思を持ちさえすれば
それは、無理やりではない
生まれ変わりの中、
何回も忘れてこれたのだから

 

 

今、自分がどうありたいか

 

 

傷跡で誰かを恨むこともできるし
傷跡で他人の事情を理解できるようにもなる

 

 

傷跡でさらに自分を傷つけることもできるし
傷跡で何かを求め続けることをやめ
本当はこのままで良かったんだと感じることもできる

 

 

誰が傷なんて欲しいものですか!
でも傷ついたら、自分を労わろう

 

 

大丈夫だから

 

 

大丈夫だから

自分を大切に

 

穏やかな光があなたの周りに集まり、
歩いていたあの日を思い返させる。
すべてが当たり前だった。
繰り返しで退屈だった日常。
変化が欲しくて何かを壊そうとする。
壊れかけたら壊れないで欲しいと願う。
必死につなぎとめようと心にもない言動を発する。

 

 

 


裏腹

 

 

 

 

すべてが守られていたから出来たこと。
今も守られているから出来ること。
自分の足場を探しながら、
他人に足場を求める。

 

 

 


信じること

 

 

 

 


それが足場であることを忘れて。
人間(じんかん)の繋がりには
目に見えて証明できるものはない。

 

 

 

 


信じるこころ

 

 

 

 


相手には何も求めず、
自分の全身全霊をかけて信じるこころ

 

 

 

信じたから、何かを得られるものでもなく
何かを失うことでもない。

 

 

 

 

見るべきは
自分のこころ
ただひとつ

 

 

 

 

自分を大切に