こころ音

 

心臓の鼓動

 

 

それは調和へのハーモニー

 

 

だから、生きているだけで十分役割を果たしている

 

 

ドクン・ドクン・ドクン

 

 

その音が止まるとき、

何かに気づかされたり、悲しかったりするんだろうね

 

 

 

鼓動に支えられてきたことがドスンと伝わるから

 

 

 

耳には聴こえない

 

 

 

遠くて本当は近い音魂

 

 

 

優しく止まる

 

 

 

壮大なる残響とともに

 

 

 

この瞬間に旅立つ

音(ね)に通ふ、うたた寝人よ

 

歌魂

 

ひと想い

 

口より洩るる

 

蓮にかく歌

メトロノーム

 


振れ幅が大きいほど
中心は確実に定まる

 

 

振れてる時は苦しいけどね
まるで起きろ!起きろ!と揺さぶられているみたい

 

 

それが、病気や経済的困難であったり
人間関係の悩みであったりする。

 

 

千差万別

 

 

刻むリズムやテンポの違いを楽しもう
だって上手くいくための前奏曲なんだもの

 

 

生きてる限り
振れることは止まらないけど
中心という安心感・守られている感覚は持てる

 

 

さ、ニタッ!としてみよう(笑)

 

 

魂の仮装行列

 

さ〜て上手く役割を演じられるかな

 


<自分の人生のキャスティング>

お父さん役
お母さん役
おじいちゃん役
おばあちゃん役
兄弟姉妹役
友人役
恋人役
愛人役
子供役
2丁目の銭湯のおじさん役


私を裏切る役
私を騙す役
私を悩ます役
私を苦しませる役

 

 


さて、どんなドラマになっただろうか?

 

 

 

ドラマを終えたら、
映画館を出るがごとく
少し寂しい気持ちと、今ここに引き戻される

 

 

 

いや〜
みんな迫真の演技だったね

 

 


演技は、役割を演じている時だけのもの

 

 


何のために?

 

 


あなたに何かを伝えるがため!
気づかせるため

 

 


気づかせられたら
一つひとつの役割(演技)を解除していく

 

 

 

そうやって鎧を降ろし
軽くなっていく

 

 

 

行き先はひとつ

 

 

 

そこに「みんなで」一緒に向かっている

 

 

 

Home

 

 

 

夕暮れ時の鬼ごっこ

 

 

 

次は、僕が鬼やるね!

 

 

 

本当はひとりの鬼ごっこ
自作自演のキャスティング

 

 

 

だからみんなで鬼ごっこ

 

 

ナミダ

僕が流した涙

その涙は君

君が流した涙
 
 
 
 
その涙は僕

 
 
 
涙をどれだけ共有しただろうか

 
 
 
 
その涙

 
 
 
 
共に昇華の道をたどらん