ど〜せ反対されるんなら!

 
何かやろうとするとき
 
 
そのやることに対して
 
50%は賛成し50%は反対する。
 
どちらを選ぼうが50%は反対する。
 
 
何を選ぼうが半分は反対するなら、
どちらを選びますか?
 
 
 
賛成は反対を支え、
反対は賛成を支える。
 
そうしないとお互いの足場がないから。
 
 
北極と南極。
陰と陽。
プラスとマイナス。
 
どちらが良くてどちらが悪いもない。
マイナスがあるから、プラスへ流れができ、
プラスがあるから、マイナスへ流れることもできる。
互いが互いへの道しるべ。

 
 
 
反対が多いと感じるのは、
50%の反対に自分でさらに追加して、
ほぼ反対だと味付けしているから。

 
 
中道は存在しない。

 
 
揺さぶられるバイブレーションがあるからこそ、
生きていられるのだから。

その個のバイブレーションを大事に。
 
 
どうせ反対されるなら、どう選択しますか?
 
 
周囲の意見に振り回され続ける生き方で後悔しませんか?
 
 
顔色伺いの人生はあなたの人生ではないはず。
 
 
レッツ ハブ ファン!

ビリの君へ

 

よ〜い、スタート!

 

 

 

違う個性を並べて、独断で決めたゴールで判断 する意味のなさ。

 

 

 

そこのビリの君、競争しない社会を望んでたんだ よね。

 

 

 

一生懸命仕組みの中で走りながらも。

 

 

 

その夢もう少しで叶うよ。

 

 

 

それまでは生きていてね。

 

電気信号人間

 

人間は電気信号の伝達により動く。

 

 

例えば手のひら。

 

 

手のひらを合わせる(つまり、祈りの手合わせ)

 

 

右手の電気信号。

親指はニュートラル。

人指 し指は+(プラス)

中指は−(マイナス)

薬指はプラス

小指 はマイナス。

 

 

 

左手の電気信号。

親指はニュートラル。

人指し指から は右手と逆。

マイナス、プラス、マイナス、プラス。

 

 

つまり、手のひらをあわせると、

プラスとマイナスがくっつくようにできており

手のひらをあわせた形はプラスマイナスゼロのニュートラルとなる。

怒りは意欲

 

 

怒りは意欲。

 

 

 

怒りを紐解いたら、そのひとが本当に求めているもの がわかる。

 

 

 

内側にもっていないものには、反応できないのだから。