肉体を持つ100年の旅路

100年の孤独のために、1000年の情熱を込める




私は全て




すべての中の限られた空間




様々な想いがこもった玉手箱




解き放つと自分を失いそうな気がする逆説的な愛の仕組み




愛は、仕組みを超えている




愛は、仕組みを超えている




さぁ、そっと勇気を出して
開けてみよう




その始まりの日からひとりじゃなかったことが
わかるから




今一瞬のために、すべてを込めよう




終焉そして再誕





行き着く先は全て愛





あなたがみんなであった物語




みんながあなたを愛した物語

崇拝や依存は・・・・

 

 

 

 

崇拝や依存はいずれ復讐を生む

 

 

 

なぜならば、

その人の本来のエネルギーを奪ったのだから。
 

 

 

言い方を変えると、

自らのエネルギーを奪わせた自分の責任を放棄 したのだから。

 

 

沖縄ラジオFM21出演しました。

琉球推命・島袋千鶴子さんお誕生日おめでとうございます!

998237_452910584808020_1045587878_n.jpg

ささやかですが、沖縄占いパラダイスのメンバーで

お誕生日をお祝いさせていただきました。

今後のご活躍も楽しみにしておりま〜す。

感情は感動

結局のところ
喜怒哀楽の感情をどの程度味わうか自分で決めてきている。
だから、味わうと決めてきた感情を引き出してくれる出来事を引き寄せたり、
自らクリエイトするのです。

そして自分で決めてきた感情の内容を味わいきったら、
(味わうと決めてきた感情の壺を満たし終えたら)
その感情をそれ以上味わう必要はなくなります。


そのプロセスとして一番大事なことは、
(感じるためにこの世に来ているのですから)
感じたことを否定せずに、その感情を認めること。
その感情を「そのまんま」認めると、きちんと「味わった」というスイッチが入り、
「自動的に」あなたの元を離れていくのです。


もちろん、味わうと決めた感情の内容が苦痛と「思われるような」内容ばかりであれば、
辛い人生になるかと思われますが、、、そうはならないのです。


感情には、裏と表があります。
裏で味わってもOKですし、
表で味わってもOKです。
また、表裏両方味わってもOKでしょう。
同じものですので。


例えば、怒りという感情。
その感情の裏には意欲が潜んでいるのです。
意欲があるから、怒りが生じるのです。
怒りのみを感じ切って手放してもいいですし、
怒りの裏の側面の「意欲」に視点を転換して味わって手放しても良いでしょう。


自分にとってネガティブと思われる感情の裏には
必ず「ワクワクする感情」が潜んでいるのです。


どちらで体験しても、感情の壺を満たすことになります。
修行モード的に身を削ってカルマの法則の下で壺を満たしていくか、
カルマの法則を超えたところで楽しく壺を満たしていくか。
両方とも、お好みで選べるんです。


生きている人間は、誰でも感情を味わいます。
それだけで、価値があるのです。
つまり、「生きている」だけでも価値があるのです。
味わうと決めてきた感情の壺を満たす作業をあらゆる場面設定の下に
行っています。
愛の下に全ての人が生かされているんです。


感情が動くということ。
それ即ち、感動です。
涙が出るものやジーンとくるものばかりではなく、
生きているだけで、つまり、感情があるだけで感動なのです。


なぜ喜怒哀楽を経験しに生まれてくるか、、、。
私たちから集められた感情は、思いやりを提供するための宇宙の貴重なデータとなるのです。


個性的であるが故の純粋性を伴う残酷さを補完するためのデータです。


宇宙には様々な存在がいます。
宇宙の縮図が地球なのです。


私たちは、喜怒哀楽のデータを集めに来ているだけではなく、
それ以上のシミュレーションも行われています。


地球を愛の世界にできるかどうか。


だから、様々な存在(個性)が地球に用意されたのです。
蟻が人間のサイズだったら、共存は厳しいかもしれません。
それぞれ共存共栄できるようなシミュレーションです。


地球を愛の楽園にできれば、それは宇宙にエコーしていくのです。


天で起こっていることが、地で起こっていること。
地で起こっていることが、天でも起こっていること。


その狭間の人間は、

地球の共存共栄のお世話係として機能していくことが出来るかどうか、、、。


さて、今日はどんな喜怒哀楽を感じましょうかねぇ〜。


おほほほほ。