見える能力

 
 
今日は少し毒舌です。

 
チャネリング等で見える人がいるとします。

 
私の経験上で申し訳ないのですが、
あの世はすべて情報オープン。
みんなが見える。

なぜ、今生に生まれ、私には見える(見えると信じ込んでいる)
 の能力があるのか。それは、「まず第一に」
人の気持ちを感じる(理解する)必要がある人に...
チャネリング能力が与えられている感覚です。
★罪悪感とか罰するという趣旨は一切ありません。

つまり、過去の人生で感じる必要のあることに
「鈍感であることにより」本当は傷つけたくなかったのに、
他人を傷つけてしまった人です。
気持ちをわからなかったことによって、
大事な人を傷つけてしまった等。
★同時に自分自身を傷つけてしまっているのですが、、、。

 
それをテーマとして、
「自分を癒すために」今生こそは
気持ちを分かりたいという思いのもとに、、、
ご自身で計画して。
言い方はきついです。
それを勘違いして、「自分を見ずして」(癒さずして)
他人へのアドバイス「のみ」に
その能力を使うとか。
ごめんなさい。

 
ただ、本当はそういう能力はみんなあの世では
持ってる。
ま、意識体というエネルギー体なので
ごまかしようがないわけです。
あの世ではね。「サトリ・サトラレ」の世界ですので。

 
しかし、なぜ、この世でその能力を「自分で選んで」
生まれてきたかの意味を捉える必要はあります。
今は見えなくても、その能力を異様になぜ、望むのか、、、、。
能力を望まなくてもあの世ではその能力みんながあるのに。
また、
能力を得るために様々なワークを探しまくっているのか、、、。

そうじゃなきゃ、みんなすべて見える能力を持って
この地球・人を癒したり、、、。
最初から、みんな分かっている状態からのスタートでいいやん。

能力を「高生まれ」とか、
「自分は特別」とかのスピリチュアルプライドに結びつけるのは
ナンセンスです。
もちろん、自己承認の痛みの裏返しということあると思います。

 
とにかく、今は、、、外を見るのではなく
内をみませう。
 

 

答えは自分の中に

 
ある人がいました。
その方は、自分よりも強い光を放つ人を
求めていました。

 
そして、その人を見つけたら、
何かを気付かせてくれるかもしれない!
もしくは、自分の人生を変えてくれるかもしれないと
信じ込んでいました。

 
そして、念願が叶い、...
強い光を放つ人を見つけることができ、
その人に手を合わせ始めました。

 
ところが、どうでしょう。

 
その人の光が強ければ強いほど、
自分の後ろには陰が生じるのです。

 
そして、この人は私の陰を解決してくれない。

 
そう感じ取り、別の光を放つ人を探し始めました。

 
しかし、結果は同じでした。
何も解決しません。
自分の後ろには陰が生じるばかり。

 
さて、どうしたら良いのでしょう。

 
答えは、自らが光となることなのです。
そうすると陰を生み出しません。
もう個人から力を奪うスパイラルの歴史から脱出する時期です。
(※ここは陰陽二元論の話ではありません)

 
じゃあ、光と光が向き合った時、
強い方の光が弱い方の光の後ろに陰を作るのでは?
という方がいらっしゃるかもしれません。

 
 
大丈夫です。

 
 
個性はひとつとして同じものはないのです。
つまり、光リ方や、光の種類も違うので
お互いに克し合うことはないのです。

 
 
 
 
それぞれ違う光の糸で「何かを」織りなしていくことのできる種類 ものです。

 
 
 
もちろん、相手と何か気づかせ合いをするために
知らせとしての陰影を作ることはあるのかもしれません。

 
 
ダメ押しで、例えば、同質の光同士が出会ったとしましょう。
単純に言えば、克し合うもの同士です。

 
 
じゃあ、どうすれば?

 
 
 
思いやりをもって克し合わない適切な存在の距離感を取ればいいの です。

 
 
今から先は、自分のエネルギーで生きていくこと。
つまり自分ではないエネルギーにきちんと「さようなら」すること 
大事な気がしています。

 
 
 
ひとつひとつが、完璧な球体で「すでに」完結していることを思い 出して
そこから必要があれば協力していきませう。

 
 
 
依存関係ではなく。

 
 
 
今、個人から社会情勢含め葛藤の時期に入っています。
それは、自分のエネルギーでないものを取り込んでいますよ〜との お知らせ。
お知らせが来ているから、大丈夫です!

 
 
すべては内側に答えがあります。

 
 
その内側がグリンと外側になる時期がくると感じています。

 
 
 
RASは自分ではないエネルギーを手放すサポートしかできません 
(宗教的要素はありませんが表現上、魂という言葉を遣います)
魂のまわりについている垢(痛みから生じたもの)を
「気づき」で 取るサポートができるだけです。
今までの経験上、どんなものより「気づき」を超えるものはありま せん。

 
 
もちろんRASも絶対的に!!!不要です!!!!(笑)

 
 
 
魂の周りの垢を手放すことができたら、
内側から一気に個性という 光があふれ出します。
そこから、潜在意識や顕在意識のほこりのようなものは、
内側からの光で包まれるように溶けていきます。

 
 
 
100%その本人の力です!

 
 
 
そして、そのほこりのようなものも
あなたを今まで支えてきた愛の一部であることに気づいていくので す。
あなたが生きることに対して、
バランスを崩さないようにサポートしてくれていたものなのです。
垢もいい悪いはなく、肉体活動で垢がでるのと同じく
魂の活動で生じた心の垢のようなものです。
ただ、もう不必要になったものは手放しましょうということです。
今まで役に立ってきたものが役に立たなくなる。
つまり、着実に成長のプロセスを踏んでいる証拠です。
みんなで安心しませう(笑)

 
みんな横並び。

個性が違うだけ。

歩み方や表現も多種多様。

集合意識に注入される個性の一滴一滴が
飽和点を超えるための一助とならんことを祈って
RASは取り組んでいきます。

怖れが先に

 
何かやろうとする時、
怖れが先に来てしまうねんな。

 
覚悟を決めて取り組んで、
たとえしくじったとしても
その後も守られているような感覚になればええんやな。

 
何度もチャレンジできるような感覚。

 
社会の体制がそうなってないとしたら、
自分で、自分を「もう」信じるしかないやん。

 
 
究極的には、信じ「きるしか」ないんだけどね。

 
 
 
なぜならば、今の個性を持った自分が
「一番」楽しめて、「一番」テーマを果たしやすいと
答えを「知っている状態」で、決めて生まれてきたから。

 
 
ま、生まれたらその記憶忘れるんやけどね(笑)
そして、抵抗するんやけどね。
自分で決めたことを他のせいにして(笑)

 
 
 
それを「最も」思い出すことができるような
様々な出来事や人間関係・環境も「自分で」設定してます。

 
 
 
ま、ごちゃごちゃいうても始まらへん。

 
 
自分を信じきるしかないんや。

 
 
 
その証拠?

 
 
「今ここ」にあなたが「存在している」こと。

 
 
 
 
それが証拠やね〜〜〜ん!

 


自分の個性で「生きていかない」ことをあきらめるんや!(笑)

しがらみはお早めに

 
 
生まれる時期・場所・環境は人それぞれが
「それぞれの目的を持って」選んできていますが、

前まではその星に配置として固定化される感覚でしたが、
今の流れを感じてみますと、
その固定化が解除されていっている感じです。

つまり、個性が「しがらみ」から外れ、自由へ解き放たれている。






固定化するものがなくなってきています。






一旦全てガラガラポン。

 
大変化の時期。

 
しがらみにしがみついていますと、
そのしがらみ、手放しましょうという出来事が
「本人が気づく程度」に「強烈に」起こる時期。






今、グラウンディングが非常に大切です。







身体を感じてその声を聴くことで
自分の足場を確保することができます。
本人の意思で自由に変えられる足場を。


生まれという「しがらみ」としての足場ではなく。

女性と男性

 
女性が、男性が

 
で、話題を進めたら

 
おかしいことになりまっせ。

 
 
女性の中にも、男性性があり、
男性の中にも、女性性がある。

 
 
女性・男性双方に、右脳と左脳があるように。

 
 
表現は曖昧になりますが、

 
 
女性よりも、女性性が強い男性もいますし、
男性よりも、男性性が強い女性もいます。

 
 
 
ただ、身体の構造が違うだけ。
また、それに伴う役割が違うだけ。

 
 
もちろん、その役割を担わなくてもいい。

 
 
自由

 
 
陰と陽

 
 
片方をある一方の対極として見るならば
それはすでに分離の状態。

 
 
悟り「たい」もそう。
悟りと一定の距離常に置いているから
永遠にたどり着けない。

 
 
一体化していたら、
自覚がない状態になります。
悟りは考えない状態で
普通に生きている状態になります。

 
 
 
だって、そのものになっているから。