人のせいにすると

人のせいにすると、

 

 

 

 

頭がおかしくなる気がするよ。

 

 

 

 

だって、主導権が他人だもの。

 

自己承認

根っこは、
感情承認を通しての自己承認に尽きるような
気がしてます。
 
あらゆる感情を感じに来たので、
それを感じた自分を感情の種類で
ジャッジすることにより、
罰しなくてもいいんです。

 
 
語弊は、ありますが、時には
拒絶すら体験しに来ていますから。

 
目的はシンプルに、体験。

 
それを、前提に支え合えたらいいなぁ。

宇宙とつながる!?

 

宇宙とつながっていることを
横に置いてでも
経験したかったことがあるんだ。

 

でも、その状態(経験)を続けることを
止めてもいいんだよ。
横に置いたものを
元に戻すだけ。

 

 

 

そして、また何かを経験したくなったら
横に置いて経験してもいいし、
今度は、持ったままの経験を選んでもいいし。

 

 

悟るとか悟らないとかのゲームに参加してもいいし、
自分の思いのままに楽しむことを選んでもいいし。

 

 

すべては「今の状態を選べているほどに」自由なんです。

傷は源泉

 
傷が輝く源泉となる。

 
 
傷がつながりの道をこじ開ける。

 
 
そこから溢れ出すものは、無限。

 
 
命の鼓動が傷を疼かせ、

 
 
傷が鼓動に歴史を刻む。

 
 
一瞬の脈動すべてに平らかさがあり、
表現者であるヒトガタすべてに足場を与う。

 
 
愛という平らかさの上の様々な体験。

 
 
 
繰り返す、終焉たる鼓動(命)の残波。

 
 
 
その想いを拾い集めよう。

 
 
 
ひとつひとつが寂しがらないように。

 
 
 
ひとつへと集結する前のその寂しさを。

 
 
 
ひとつへと集結する前のその寂しさを。
 
 
 

いろいろな眼

 
いろいろな眼が、いろいろなところから

 
いろいろなものをみる。

 
いろいろな眼がたくさんついた生命の樹。

 
いろいろな眼は、いろいろなタイミングで、

 
いろいろな涙を流す。

 
 
赤い涙・青い涙・黒い涙・白い涙・黄色い涙

 
 
そして、循環の中で、生命の樹は育まれてゆく。

 
同時にたくさんの涙が流されていくことのないように。

 
そして、すべての涙が流されていくことのないように・・・・。