意地悪

意地悪な人がいるってことは、その意地悪な人は、
誰かの優しさを「引き出すために」意地悪をする。

 

 

意地悪される→嫌な気持ちになる→誰かの優しさに出会う(優しさがより分かるようになる)

 

 

そんな組み合わせが、た〜くさん!複雑にあるだけだよん。

 

 

 

だから、自分の信じ込みだけで世の中を切り取ったら
もったいないですよ〜〜。

解放したテーマは元に戻らない!?

RASセッション。
扱ったテーマを創り出している信じ込みは
根こそぎはずれますが、それだけではありません。

あまり書くとややこしくなりますので簡単に(笑)

信じ込みが創り出した副産物も同時に解放しています。
感情のオリみたいなのがやはりあるんですよ。
それが抜けていきます。
その為にも、ある一定量のお水摂取の宿題が出やすいんです(笑)
しかも、このお水の量まで身体さんが指定してくれます。

例)1日1.5リットルを6月14日から2週間!とか。

セッションでたとえ変化の自覚がない方でも必ず変化は起きます。
抵抗しても起きます(笑)

なぜならば、魂の周りについた垢(信じ込み)が取れちゃったから
そうなってしまいます。自分の本来の溢れ出るパワーに抵抗できないんです(笑)

選択肢が今までと違うように自然に変化していきます。
え?少し前まではこちらを選んでいたのに、
全く選ばなくなった!とか。

また、解放されたものは二度と元には戻りません。
なぜなら、すでに終わっているテーマをまだ握っているだけで
手放し後、同じテーマが戻ってくるような無駄を宇宙は行いませんから。

はい、〇〇さん、1+1=?

2です。

じゃあ、次!

〇〇さん、1+1=?

2です。

じゃあ、次!

〇〇さん、1+1=?

こんなこと宇宙はしません(笑)

シンプルに手放して、
自分の本当に楽しいことに貴重なお時間をお遣い下さいませね〜。

RASは、過去のトラウマ等の感情を「再体験せずに」
解放できる優しい手法です。

赤ちゃん

赤ちゃんは、外側の世界と内側の世界を区別しません。
赤ちゃんにとっては、どちらも現実的な世界なんです。

しかし、肉体に根付くにつれて
序々に外側の世界と内側の世界を区別していきます。

つまり、内側の世界と外側の世界は違うんだ!と
認識するようになっていきます。

大人のように、内側(心の中)と外側(現実世界)を
分けて考えるようになります。

本来は、内側の現実=外側の現実にもかかわらず。

この認知がないことにより、
私たちは、(内側の現実を無視して)
外側の現実をどうにかしようとして
七転八倒していくことにハマってしまうのです。

以下は、あくまでも、たとえです。

◆苦手科目を克服して点数を上げたい!
→こころを無視してひたすら訓練する。
 →本当にやりたいことなのか?
  親の期待に感情の痛みをもって応えようとしているかも。
  痛みを外すと、副産物として点数は勝手にあがります。

◆愛されたい!
→こころを無視して、相手の望むことを演じる。
 →支配/隷属のドラマにはまっていきます。
  →自分を愛したら解決します。

言語というものを周囲の大人たちから学んでいくにつれて、
左脳(信じ込み)をツールに一体化していたものを切り取っていきます。

理想は、右脳(女性性)と左脳(男性性)がバランスよく
コミュニケーションをとっていくこと。

性差別も、自分の内側の男性性と女性性のエネルギーの「調和の否定」から
生じていますから。
※男性性・女性性どちらか片方の否定ではなく、調和の否定です。

内側は見づらいかもしれません。
そしたら、「内側の状態を見せてくれる」
外側の現実を観察してみるといいかもしれませんね〜。

構ってくれない人は悪い人?

構って貰えなければ、そこに批評をつけがち。

 

面白い。

 

でも、痛みがあるから、
自分の正当性を主張しながら、
人に表現しなくても内側で
批評しちゃうんだけどね。
何をやってもいいんだよ。

 

ただ、やりたくなくなったら、
止めてもいいんだよー。
止めてもいい。

 

その選択肢はみんなもってますから。

感情が動くだけでOK!

男性でも、女性でも、右脳と左脳があるように、
男性にも女性性があり、逆もしかり。
 
最近感じるのは、スピリチュアルには
男性性的要素も必要ということ。
 
片方だけじゃ、片方が暴走します。
やはり、バランスやなー。
例えば、感情が暴走すると、、、
本当は望んでいないことを
勢いでやってしまいがち。
 
うん、それも、OK。
 
でも、感情の奴隷になるとしんどいと思うよ。
あなたが、感情を使う側だから。
本当はね。
 
 
でも、それも、体験。
 
 
 
感情が動くだけで、すべてOKだから。