苦しくなったら、おめでとう。


あなたの悩みは何ですか?
あなたが、今、苦しんでいることは何ですか?

 


苦痛・苦悩・不安、、、、自分の存在意義への疑い、、、。

 


何はともあれ、おめでとう!

 


ほ〜れ、肩から力をお抜きなさいな!
あなたが気合を入れようが、
今の苦しさは変わらないのさ。

 


ただひとつだけ、伝えられることが
あります。

 


その苦しさは長く続かないということ。
必ず終わりが来るということ。
今はこの苦しさは永遠に続くような
気がしていても。

 


なぜならば、苦しさは
あなたを本来の姿に戻そうとする
導きの作用なのですから。

 

 

本当に、おめでとう!
でも、つらいよね。

 

 

うん、分かってる。


 

そんなあなたに私は出来ることがある。

しかし、ひとつだけしか出来ない。


 

それは、あなた本来の輝きと強さを
信じ続けることだけ。

 

 

本当に、おめでとう!

 

 

 

そして、、、ありがとう

 

 

 

 

 

ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

精神世界ランキング

疑問を持つことの大切さ

 

直感を使って
こころの中にストンと落ちることだけを
信じましょう。

 

 

こころの中に落ちるということ=あなたの個性に適っているということ

 

 

特にこころの世界に関することは
この視点は大切です。

 

 

疑問を持つこと!

 

 

むやみに信じると、
あなた本来の持つ力を他人に
明け渡してしまうことになります。

 

 

自分には力がない!
依存が生きていく道だ!と
なってしまわぬように気をつけましょう。

 

 

他人に自分の力を明け渡した後、
一時的に人生がうまくいっても
(うまくいっているように見えても)
いずれうまくいかなくなります。

 

 

寄りかかるものが無くなると、
次の寄りかかる先を探します(笑)

 

 

あなたはあなたのパワーを活かすように出来ています。
その仕組みに反するように生きても
うまくいきませんから。

 

 

あなたは、あなたを生きましょう。

 

 

 

 

ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

精神世界ランキング

八方美人は、八方ふさがり。

 

八方美人・・・だれからも悪く思われないように、如才なくふるまうこと。
八方ふさがり・・・どの方面にも差し障りがあって、手の打ちようがないこと。


 

 

表と裏。


 

 

八方美人になったら何も得られません。
八方美人は、力の分散が八方に行くということ。


 

 

出来る限り大勢に構ってほしい。
分かります。


 

 

例えば恋愛。
好きな人が出来ても八方美人でいるとしましょう。
その恋愛うまくいきません。


 

 

相手から誤解を受けて終わるだけです。
当人はそんなつもりはなくても。


 

 

人って、半分はあなたの生き方に反対で、半分は賛成。
その位の人間関係でいいんです。


 

 

あなたの個性は理解されるためにあるのではありません。
あなたがあなたらしく生きるあなただけのためにあるのです。

 

 

 

 

 

ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

精神世界ランキング

どんな状況でも選べる

雨が降っているとしましょう。
そうすると、大抵の人は雨傘をさすと思います。

 

そして、雨がやんだとしましょう。
通常は、雨傘を閉じるでしょう。
しかし、その雨傘を閉じない人が
割とたくさんいるのです。


 

雨傘の上には、太陽がSUNSUNと照り輝いています。


 

信じ込みは、さしっぱなしの傘のようなものです。
確かにその信じ込みという傘は雨に濡れないようにするためには
有効でしょう。


 

しかし、雨がやんでまで、さしっぱなしでいる必要はないのです。


 

悲劇のヒロインになると
傘の外はSUNSUNと太陽が輝いているのに
雨傘の内側に永遠に降り続ける雨を「自分で」創ってしまいます。
そして、その傘にしがみつきます(笑)


いろんな出来事に対して「臨機応変に常に選ぶことができる」という
ことを知っていたら、楽ではありませんか?


 

誰でも選ぶことができます。

 

 

例外なく。

 

 

大丈夫ですよ!

あなたも選べます。

 

 

 

 

 

ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

精神世界ランキング

直感が生きる時代

知識等の情報に依存しすぎると選択を間違います。


 

物事を選択する際は、直感と身体が楽か(心地よい)かどうかで
選ぶと良いです。


 

ここでいう直感とは、
情報に頼らず、感覚だけで判断するという意味を指します。


 

もちろん直感が外れる場合もあるでしょう。
しかし、その場合は直感に思考という情報が混ざっていた場合です。


 

直感らしきもの!?で外れたら、修正していけば良いだけで、
次第に直感の精度が上がっていきます。

 

 

凄くないですか?

 

知識等の情報を持たずして
あなたにとっての適切な選択肢を選ぶことができる

 

 

情報に頼りすぎることの方がリスクは大きいのです。

 

 

過去を振り返ってみてください(笑)

 

 

直感は、未知のものにも対処していける、誰でも持った才能ですよ。

 

 

 

 

 

ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

精神世界ランキング